2017年12月30日土曜日

モンブランって絞るだけかよ

有楽町TOMIZで買ったもののなかに、パイタルトがありましたが、これは母が好物のモンブランの台座として使えると思い購入しておいたものです。


あとは、写真を撮り損ねているみたいですが、この他にSABATON(鯖缶じゃない)のマロンペーストを使います。これAmazonやTOMIZでは1000円近くしますが、AOKI(豊洲)では700円弱で購入できました。



主な材料は以上ですが、その他に栗の渋皮煮も200g1000円くらいで購入しておきました。
PRIMEで急ぎで買ったのでこの値段ですが、TOMIZで230g900円くらいのものもあるので、TOMIZで買えばよかったかな。


で、モンブランもいろいろなパターンのものがあって、普通はアーモンドプードル(粉)を使ったフィリング(埋めもの?)を使うみたいですが、クリームチーズが100gあまっていたので、ベイクドチーズケーキを台座にすることにしました。

クリームチーズ100gにバター35g、砂糖35g, 卵1個、薄力粉15gという感じだったかな(忘れた・・)。生クリームはレシピにはなかったので入れません。

なんと、分量は適当だったのですが、量はちょうど6個分ぴったりという感じです。



焼き方は160度で1時間という感じでしたが、なんか焦げ臭い匂いがしてきたので50分ほどで引き上げました。やはり焼きすぎです。最近焼き加減が匂いで分かるようになってきたかなw



次にマロンペーストとバターを混ぜます(分量は缶に書いてあります)。しかし途中で断念してフードプロセッサーで混ぜ始めました。



まざったら、次にメープルシロップ10gとラム酒5gを入れてさらに混ぜます。ラム酒は甘みの入ったものだったので、ちょっと甘すぎな感じになりました・・・




これを絞るための口金は、評判のよかったこいつに。



安くて結構よかったですが、途中ペーストを継ぎ足したあとにすっポッと抜けてしまいました。ペーストが硬いので、袋は口が少しでるくらいに切って、抜けないように、あとペーストを継ぎ足すときは空気を抜いてからやるといいかもしれません。

で、ペーストを絞り、渋皮煮を乗せて完成です。分量もぴったりです。

結局モンブランってあまり焼かないケーキだったんですね。




最後に値段ですが、渋皮煮は少しだけ余りましたが、結構原価高いすよねぇ。台座の値段忘れましたが、クリームチーズで150円、ペーストが700円、渋川煮が700円としても1個250円くらいですかね。こりゃ買った方が安いわ、と、作ってから気がついたモバ造でした・・・(もう作らないかなぁ・・・)

なお、体重が5kg増えてきたので、ケーキ趣味は成り立たない模様・・w

コメントを投稿