2017年11月11日土曜日

低周波治療器 HV-F128が秀逸

オムロンの低周波治療器 HV-F128があまりにも良すぎたのでレビューします。



これまでの低周波治療器との違いというと、過去なんどか購入していますが、大きな違いがパッドです。特にゼリーをつけるわけでなく、そのままペタリと貼って使うことができます。

それよりも、実際の筋肉の痛みが軽減されること、あと脳溢血などで萎縮した筋肉などに効果があるだろう、というところです。

自分も歳相応に肩や節々の筋肉が痛い状況があり、それに応じて活動量も減ってしまっていたような気がしますが、これ即時に効果があります。

だたモードがたくさんありすぎで、これに伴ってリモコンが大きすぎるのが難点ですね。

モードについては簡単に言えば、
・ちょっとしたパルスを送って筋肉を一気に締めるのが、「じっくり」や「たたく」モード
・高周波を送って急性の痛みを遮断するのが、「すっきり」や「さする」モード、そしてその中間があるという感じです。

慢性的なコリや、脳溢血での萎縮には、「じっくり」や「たたく」がいいでしょうね。
自分としてはこれだけでいい感じです。内股の腱が硬くて痛い感じも速攻で効いてくれます。

低価格のものはリモコンが小さくていいのですが、「すっきり」しか付いていなかったりします。「じっくり」「すっきり」、強弱のみのリモコンがほしいですねぇ・・・
(「じっくり」「すっきり」の意味がわからんというのはさておきw)

高額にもっていきたいのであれば、電極を4つとか6つに、一度に何箇所かできるといいかなぁ(複数買えよw)

とにかく、50代の人がいる家は、一家に一台、いや2台という感じですね。整形外科に押し寄せている人の大半がこれだけで済む気がします。医療費削減のため、国が一家に一台無料で配ってもいいくらいですね。オヌヌメです。



コメントを投稿