2015年9月8日火曜日

今になって三脚の強度不足に嘆く

ZWO CN15F4を乗せてから、ちこっと架台の揺れが気になってきましたよ。

ということで、今は亡き3/8インチ=> 1/4インチネジ変換台(もう売ってないよ)をうたぐって、アリガタを直接三脚につけようと、3/8インチネジ穴を開けました。

いや〜、もう手慣れたものです(といってティッシュをドリル刃に巻きつけたのは内緒ですw)。固定道具をもうちょっと揃えたいところですが。

出来上がり。超綺麗ですがな。すんばらし。訓練のタワモノ。


で直付けしました。90度近くずれたのでアリガタを90度変えてとりつけましたが.....

揺れる。なんかいままで以上にゆれね〜かい?

ということで揺れの元凶をみると... なんと三脚が揺れてるんじゃない?
う〜ん、アルミにすべきだったか... 推奨積載重量15kgなんだけどなぁ....


やはり天文は天文。土台も天文ちゅうことは三脚も天文用品でないとダメですかね...
ちなみにいろいろと犠牲にして採用したこの三脚、機内持ち込み前提にフラットになってるんですが、実は

「三脚は機内に持ち込めません!!」


畳んだ状態で長さ60cm以下のものは持込可能でした。
よかったなう。
コメントを投稿