2018年6月25日月曜日

モバ造 鬼目ナットで組み立て家具を作る

以前2x4で作ったベットを改造中です。

このベットはコーススレッドで組み立てていましたが、何度か組み立てると沢山穴が空いてしまいます。あとは毎回材料の位置決めや、直角を出す必要がありました。

そのため今回は、M6の鬼目ナット/連結ボルトをつかってボルト締めにして、同じ位置で繰り返し分解・組み立てを出来るようにしています。

まずは2x4定規など穴の位置を決め、6mmのドリルで貫通穴を開けます。

さらにその先の材料を直角ジグで固定し、先ほどの貫通穴を使って鬼目ナット位置決め用のガイドホールを作ります。


次に先ほどのガイドホールに対し、9mmのドリル刃を当て、鬼目ナットの下穴を開けていきます。


穴が空いたら鬼目ナットを締めていきます。
(真ん中の穴の位置がずれていますが気にしないことにしますw)


全ての部材に鬼目ナットをねじ込みます。


あとは連結ボルトを鬼目ナットに通し、締め付ければ完成です。


(反対側も含め、まだまだ続きます・・)
コメントを投稿