2018年11月19日月曜日

おっさんが栃木祭りに行ってみた

2年に一度開催される栃木秋祭り(2018年11月9日から11日)にいってきました。今回行ったのはなか日の10日になります。14:00からの午後の部に合うように出発しました。

きらびやかな山車(だし)を引き回して、笛や拍子、太鼓を鳴らしながら通りを練り歩くお祭りになります。山車はどうやら山体信仰を期限とした山の象徴のようで、通常は神社が行うお祭りになるところですが、それらの山車を江戸時代の栃木商人達が買い取ってきらびやかな山車に仕立て、栃木の商人が主催したお祭りにした、というのがこの祭りの起源のようです。

祭りの会場は栃木市の中心部になるので、駐車場が問題になりそうですが、前回も栃木市が用意した駐車場で問題なく停めることができました。自分が停めたのは文化会館で、比較的駐車台数の大きなところを選びました。

かといって会場から遠いかというとそうでもなく、歩いてものの5分くらいで到着しました。以下の動画が会場に近く様子を最近調達したGoPro7で撮影したもので、縦動画なのでスマホで大きく表示されます。

祭りの拍子がだんだんと近づいてきて、祭りにきたんだな、という雰囲気をかもしだしてくれます。



iPhoneでは縦動画と横動画が混在してしまい、時系列に編集することができませんでした。一旦縦で撮影したのならば、一貫して縦でとらないとです。




この大通りの両サイドには、お店や屋台が軒をつらねており、東武デパートも栃木ならではの品揃えもあり、大満足で帰ってこれました。

次回は2020年ということで2年間が空きますので、まだ行ったことのない方で行きたいと思われた方は、忘れずにお出かけください。

0 件のコメント: